05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ひとは

Author:ひとは
ひとはのブログに来て下さってありがとうございます。どうぞよろしく。o(^o^)o

誹謗中傷、荒らし目的の書き込みと判断した場合は、ひとはの一存でコメント削除いたします。

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村
↑良い記事と思って頂いた方は押してもらうと、嬉しいです。(*^^*)

thanks for

最新コメント

カテゴリ

ブロとも一覧


c‐uteニーハイ!

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラム国の殺人と、空爆での殺人は何が違うのか?

2014.09.27 00:48|ひとりごと
F22が初投入され、また空爆参加国も日を追う毎に増えているイスラム国への対応だが、
何となく戦力の逐次投入という感じで不満が残る。民主主義とはなんと非効率なのか・・・
私個人としてはもっと計画的に大部隊を一気に投入して早期の壊滅を目指して欲しいと
思うのだが、それは今回話題にしない事にしようと思う。

イスラム国だが、その実態が判るにつれて、民主主義に慣れた私達には
理解を超える存在とうい事が明確になってきていると思います。
 彼らは信仰の自由を認めないし、言論の自由も認めないし、民主主義も認めない。
主義主張の違いも認めず、人権を認めず、法治の理念も認めない。
彼らが認めるものは、コーランの言葉と、力、武力のみのように思える。
我々の社会とは全く異質の存在です。

 現代社会でも世界中で虐殺は何度となく行われてきましたが、
そのすべては国家維持のためという名目だったり、中国や韓国のように
虐殺事態を存在しない物として扱ったり、秘匿したりしてきました。
これらは行為自体は同じでも、近代から続く欧米型の民主主義、資本主義、
人道主義のルールに従う意思のある物と私は感じます。
国際社会の一員であろうとする意思の現れとも思います。

 しかし今回のイスラム国の行為はそれらから完全に逸脱しています。
イスラム国にはイギリス、フランス、アメリカなどからの参加者が多数存在する
事も話題の一つですが、人道主義至上の現代の常識に疑問を持つ人々が
少なからず存在するという証拠なのでしょう。

そうい点で見ると、イスラム国とそれを支持する人々と、それらを空爆する
有志連合国はお互いが同じ社会に属していないのだろう思うのです。
 欧米型の現代社会に対する挑戦する存在という形で、
イスラム国は支持されているのではないでしょうか?

以前、私はこのブログで、『なぜ人を殺してはいけないのか?』の題目で記事を
書いた時の結論を覚えている人はいるでしょうか?それは・・・
『人を殺してはいけない、なんて人間は恐らく思っていないのです。
「同じ社会に属する人間を殺してはいけない」というルールの社会に
私たちは属しているだけなのではないか?』

という事でした。イスラム国のする事はその事を実証してくれているように思えました。

そして、『国』として認めていない【交戦権を認めてない】イスラム国を空爆して人を殺す行為は
基本的にイスラム国の虐殺と実は変わりない行為なのではないでしょうか?
どちらも、同じ社会に属していない人間を殺すという行為。
人間としての本質はイスラム国の人も私達も変わりないように、私は思うのです。

761c7a9a7a4b7727e00f337ee344c5a5_XL.jpg

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村←その通り!って同感してくれた方、押してもらえるといいな~(*^^*)
スポンサーサイト

オバマ大統領のシリア空爆決断。

2014.09.12 01:02|ニュース
今日は、重大と思われる発表が立て続けに二件。
朝日新聞の謝罪は確かに大きな出来事ですが、今日はもっと大事と思われるほうを・・・

=========================================================================
、シリア空爆へ「イスラム国除去、情け容赦なく行う」 オバマ大統領が承認表明

 オバマ米大統領は10日夜(日本時間11日午前)、イラク、シリアで活動するイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」を壊滅させるための包括的な戦略を発表し、シリアでの空爆を承認する考えを表明した。目的の達成に向け、米国が「幅広い有志国連合を率いる」と強調した。ホワイトハウスで米国民に向けて演説した。
 オバマ氏は「米国の空軍力、協力関係にある地上部隊への支援により、イスラム国がどこにいても取り除くため情け容赦のない取り組みを行う」と述べ、「イラクはもとより、シリアでの行動もためらわない」と述べた。米軍は8月からイラク北部を中心に空爆を続行しているが、シリアに空爆を拡大する意向を強調したものだ。
<中略>
 米国内では米国人ジャーナリスト2人がイスラム国に斬首殺害されたのを受け、オバマ氏に強い行動を求める声が高まっていた。
=========================================================================
中間選挙を控えての大統領決断だった事は明らかで、遅きに失したのは否めませんが、
良い方向である事は間違いないと思います。
 宗教、特に『アブラハムの宗教』と言われる、キリスト教、イスラム教では『異教』より『異端』に
より過激な攻撃をする事が中世の昔から顕著である事がよく言われますが、この「ISIS」→「イスラム国」では特にシーア派のイスラム教徒の惨殺はあまりに残虐すぎました。

【「イスラム国」でGoogle画像検索すれば、その残虐さが判ると思います。】
【見るに耐えない画像が多数ありますので、閲覧は注意してください】

また、「外国に入国したければ侵略すればいい」などと言い放つ現在の秩序を無視した言動、行動。そして、それに呼応するイスラム圏以外から外国人兵士の多さなど、アナーキー的な存在は目に余りました。

しかし、今回の事でハッキリしたのは、世界の警察と忌み嫌われるアメリカの存在の大きさだと思います。どんなに無法な集団が居たとしても、
アメリカが決断しなければ、世界の国々はなに一つ、それに対応できないという事。
アメリカが内向的になっていると、とたんに秩序を無視する集団が力をつけてしまうという事。

アメリカの他国介入は世界中で非難されているのは確かですが、悪い事ばかりなんでしょうか?
私は『パスク・アメリカーナ』は今まで機能してきたし、これからもまだ、必要とされる物だとおもっていますが・・・

ISIL_iraq.jpg

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村←その通り!って同感してくれた方、押してもらえるといいな~(*^^*)

河野洋平の言い分

2014.06.21 23:34|ニュース
世間を賑わせている河野談話検証話題だが、河野洋平本人の言い分を検証して見たい。

-------------------------------------------------------------
河野談話検証 報告書は「すべて正しい」「慰安婦のなかには自分の意思で来た人も」
産経新聞 6月21日(土)21時45分配信
 河野洋平元官房長官は21日、山口市内で講演し、平成5年に自らが発表した官房長官談話に関する検証報告書について「報告書には引くべき所も足すべき所もない。すべて正しい。日韓関係を良好なものにするために談話を出した」と述べた。
 慰安婦募集での日本軍の強制性については「当時、軍に慰安所があったのは事実だ。慰安婦の中には自分の意思で来た人もいるかもしれないが、中に入ってしまえば軍の命令には逆らえない。そうした意味での強制性があった」と反論。「『昔はよその国もやっていた』と口にするのは卑怯(ひきょう)なことだ」とも述べた。
 談話を作成した理由についても「資料や関係者の話はもとより、被害者である従軍慰安婦本人の口から当時の話を聞き、日本は反省しなければならないと感じた。官房長官として日本をおとしめるわけがない」と述べた。
-------------------------------------------------------------

  この発言は、いわゆる従軍慰安婦の『狭義の強制性』については触れていない。
今回彼が述べている『強制性』とは『広義の強制性』に該当するものである。これは以前から日本政府は認めているし、それを否定する意見はほとんどない。議論の対象になっているのは『狭義の強制性』を認めた談話である。
  彼は1993年官房長官談話の中でこう言い切っている。

慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった。

この議論をはぐらかすような言い分に違和感を抱く人はいないのだろうか?
未だ「官憲等が直接これに加担した」という狭義の強制性に該当する事例は見つかっていない。

さらには・・・
今回の検証では慰安婦を名乗る本人から聞きとり調査をしたのは事実だが、その裏付け調査を行っておらず、談話の直接的な根拠ではなかったことも明らかになっている。
  河野洋平は慰安婦の話を聞いて、調査もせずその言い分を信用して『日本は反省しなければならないと感じた。』事になる。河野洋平、個人が感情的に独り言を言った程度なら、それは個人の自由なので問題ないと思うが、河野談話は官房長官として公的な立場で出された声明なのだ。しかもその内容は被害を訴えていた韓国と綿密なすりあわせがあった事も明らかになっている。
  検証もせずに出され、韓国の要望を汲んで出された声明内容が現在、日本が非難される原因となっている事に、『官房長官として日本をおとしめるわけがない』と胸を張って言えるのだろうか?
たとえ当時そういう気持ちは無かったとしても、「結果として日本を貶める物になっている」と感じはしていないのだろうか?

最後に・・・彼は
「『昔はよその国もやっていた』と口にするのは卑怯(ひきょう)なことだ」と言うが、
自分【韓国】もしていた事【慰安婦の募集】を、他国【日本】がしていたと声高に非難し、謝罪を要求し、補償を求め、それが達成された後も、「謝罪が足りない」と延々と何十年も、他国【日本】を非難し続ける事はさらに卑怯な事ではないだろうか?

河野洋平自身も念入りにすりあわせをした相手国が、ここまで卑怯な国だと思ってはいなかったのかも知れないが・・・

以上の事から。
「報告書には引くべき所も足すべき所もない。すべて正しい。」と言い切る河野洋平の言葉は詭弁である。
彼の証人喚問を強く望みます。

img_0.jpg
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村←その通り!って同感してくれた方、押してもらえるといいな~(*^^*)

鼻血出たら死ぬんですか?【美味しんぼ議論】

2014.05.25 03:12|ニュース
いまだ、こういう風説が被災地の復興を阻害していると思うと悲しくなるのですが・・・

--------------------------------------------------------------
美味しんぼ「鼻血、医学的根拠ある」 専門家ら反論会見
朝日新聞デジタル 5月24日(土)0時14分配信
 人気漫画「美味しんぼ」で東京電力福島第一原発事故後の鼻血の頻発などが描かれたことをめぐり、専門家や健康被害を訴える当事者が23日、国会内で記者会見を開いた。政府や福島県が「風評被害を助長する」などとして事故と鼻血の関連を否定していることに対し、「因果関係は否定できない」と反論した。

 住民の自主的な甲状腺検査に協力してきた北海道がんセンターの西尾正道名誉院長は「高線量被曝(ひばく)による急性障害に論理をすり替え、鼻血(との因果関係)を否定する『専門家』がいる」と批判。「放射性物質が付着した微粒子が鼻腔(びくう)内に入って低線量でも鼻血が出る現象はあり、医学的根拠がある」と指摘した。

 記者会見に電話で参加した福島県内の母親は「漫画全体を読み、福島への愛情を感じた。子どもに鼻血が出ても、話を聞く前から因果関係を否定するような人たちに私たちは本当のことは言わない。国の責任で鼻血を含めた健康調査をしてほしい」と訴えた。

 崎山比早子・元国会事故調査委員会委員(がん生物学)は「汚染地域は広範にあり、健康障害への懸念は鼻血どころでない。正確な情報を」と説いた。主催の市民団体代表は「鼻血の表現ばかりに焦点を当てて攻撃し、健康障害を訴える声を抑えつけている」と非難した。
--------------------------------------------------------------

放射線と鼻血の因果関係は震災直後からブログなどで広まっていたが、
3年経ってもこういう都市伝説は収まる事を知らないのは何故なんでしょうか?
過去に鼻血で死んだ人は存在せず、また鼻血は鼻腔粘膜が弱れば誰でも起こる現象。
放射線への恐怖がこういう風説を広める結果となっているようであるが、
本当に放射線と鼻血に因果関係があるなら、全国的に自然放射線の被爆が強い
広島県と愛媛県に住む人は年中鼻血を出している事になってしまうが、
実際の統計では比較的放射線被爆の少ない福岡県の子供が福島より8倍も
鼻血を出しているという結果には笑うしかないと思うのですが?

もともと鼻血などの出血傾向と言われる現象は悪性新生物の放射線治療などで
骨髄抑制が起こる事で起き易い事例ですが、もしそれが福島の放射線被爆と関連があるなら、
血液検査の統計的データとして示す事が可能です。
「医学的根拠」の「ある」「なし」で論争するより以前に、被験者の血小板検査(PLT)を
計る事で容易に判ることなのです。

そういう統計学的データを全く示すことなく、不安を煽るような表現がいまだに蔓延る現状は
私には『放射線被害をどうしても作り出したい人々が居る』
そういう気がしてなりません。

「原発を止めたいため?」それとも「日本の震災からの復興を阻害したいため?」
そういう自らの主義主張のために、私から見れば簡単に数値データとして示せる事を
わざと、風説をばら撒くことで多数の人々に不安を与える事を目的としているとしか思えない事があります。

病院関係の専門家でこういう風評に耳を貸す人は少ないと思いますが、一般市民には専門家の言葉より
SNSの情報の方が信頼出来るように思うのでしょうか?

この世の中には例え根拠のない事でもそれを広める事で利益を得る人が居る事を忘れてはならないと思います。
↓鼻血だけを根拠に健康被害を訴える元村長ですが・・・
3ed8197e-s.jpg

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村←その通り!って同感してくれた方、押してもらえるといいな~(*^^*)

ベトナムを小国と侮ると痛い目に会う

2014.05.11 02:06|ニュース
中国とベトナム船の衝突が最近記事になっているが、思う事を一つ。

-----------------------------------------------------------------------
「中国が攻撃」証拠映像=報道各社に提供―ベトナム
時事通信 5月10日(土)19時32分配信
 ベトナム政府は10日までに、南シナ海でベトナムと中国の船舶が5月上旬に衝突した映像を報道各社に提供した。7日の記者会見で公表したビデオで、中国船が意図的に衝突してきたとの主張を映像で裏付ける狙いがある。
 中国外務省は8日の緊急記者会見で、「ベトナム船から衝突してきた」と反論。中国はこの際、映像などの証拠を示さなかったため、ベトナム側は報道各社に「中国から攻撃」という主張を裏付ける映像を提供したとみられる。 
-----------------------------------------------------------------------

南沙諸島でのフィリピン、ベトナムなどの国々と中国の衝突がニュースになっているが、
ベトナムという国、過去に中国、フランスなど幾度も植民地支配を受けた国ながら、
その国民の粘り強さから、痛い目に会った国も多い。

遡ること700年以上前には、モンゴル(元朝)の侵攻を三度ににも渡って防ぎその支配を逃れ、
インドシナ戦争では日本軍撤退後のフランスの再侵攻に打ち勝ち、独力で独立を果たし、
ベトナム戦争では当時最強のアメリカ軍に徹底抗戦して結果、南ベトナムは消滅しました。

時代によっては他国の支配も受け入れた国ではあるが、この国の戦う姿勢は侮れない。
何よりもこの国は、938年、1288年、1418年と三度に渡って
当時の中国の王朝の侵攻をことごとく打ち破り独自王朝を成立させています。
まさに中国にとって積年の鬼門の国でもあります。

アジアには日本より経済、文化、国力で劣れども、気概のある国々
(フィリピン、タイ、ベトナム、インドネシア、台湾など)が存在します。
それらの国々は揃いも揃い、日本の友好国であり、過去の日本の功績を認める国々です。

これらの国々を軽視してはならないのではないでしょうか?

00111144d5a50bad25f301.jpg

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村←その通り!って同感してくれた方、押してもらえるといいな~(*^^*)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。