FC2ブログ
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ひとは

Author:ひとは
ひとはのブログに来て下さってありがとうございます。どうぞよろしく。o(^o^)o

誹謗中傷、荒らし目的の書き込みと判断した場合は、ひとはの一存でコメント削除いたします。

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村
↑良い記事と思って頂いた方は押してもらうと、嬉しいです。(*^^*)

thanks for

最新コメント

カテゴリ

ブロとも一覧


Mayu@女子的ブログ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あ!!それ言っちゃマズイよ!!!

2014.01.24 23:15|ひとりごと
ちょっと、危うい発信をしてる韓国人を発見・・・

--------------------------------------------------------------------
韓国人教授が「従軍慰安婦は強制連行ではない」と発言、目的は「金のため」―中国紙
Record China 1月24日(金)13時26分配信

2014年1月23日、環球時報(電子版)によると、韓国・ソウル大学の安秉直(アン・ビョンジク)教授はこのほど、「従軍慰安婦の動員が強制的ではないのは歴史的事実」であり、慰安婦たちの目的は「金のためだった」と主張した。同教授のこの発言には、日本のネットユーザーから多くのコメントが寄せられた。

安教授は過去にも、「朝鮮王室が所有していた“国有地”を日本政府が設置した朝鮮総督府の所有に移し換えたものにすぎない。公然たる土地の略奪はなかった」と発言している。また、同教授はかつて慰安婦問題の真実を知るために韓国挺身隊問題対策協議会と共同で調査を行っていたが、3年で辞めている。その理由として、協議会の目的が真実を知ることではなく、日本に慰安婦問題を認めさせることだけだったと述べた。

安教授のこの発言に、日本人ユーザーは「この教授、韓国で生きていけるのかな?家族に危険が及ぶんじゃないの?」「このように本当のことを言える教授はすぐにでも日本に来ればいいよ。韓国は危ない」とのコメントを寄せている。

--------------------------------------------------------------------

韓国社会では、ごく稀に"気付いちゃう"人が彗星のように現れて世間を賑わします。

「金完燮」「趙英男」「韓昇助」「呉善花」など・・・
しかし・・・これらの人々は皆、間違いなく悲惨な仕打ちが待ちうけていました。
1、「金完燮」は起訴され、裁判所で殴打され、有罪判決を受けました。
2、「趙英男」はテレビの司会を降板し親日発言をTVの前で公開謝罪を強要されました。
3、「韓昇助」は高麗大学名誉教授という終身職を辞任、名誉も地位も奪われ、社会的抹殺を受けました。
4、「呉善花」は記憶に新しいと思いますが、母国に入国拒否されました

親日発言をしたら韓国では生きてゆけない社会なんだろうな・・・という事が容易に判りますね。
韓国ではマスコミも、司法ですら親日発言をしては存在できない物なのでしょうね。

そういう韓国社会の危うい部分を最もよく知ってるはずの韓国人自身が、
今までもそういった例を数多く見て来たであろう大学教授が・・・
この『安秉直』という教授、、、
恐らく教授職剥奪、謝罪強要という事になりそうな予感・・・
それとも、一発逆転の秘策でもあるのか???とにかく今、危うい人No1
images.jpg

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村←その通り!って同感してくれた方、押してもらえるといいな~(*^^*)
スポンサーサイト

22世紀まで警戒すべき国

2014.01.13 22:18|ニュース
反日国、中国のニュースで懸念すべき物を見つけた。
---------------------------------------------------------------------------------------------
日本人小学生の放った言葉に中国人家族が絶句、「われわれの愛国教育は間違っていた!」―中国メディア
Record China 1月13日(月)0時10分配信
2014年1月8日、中国のゆがんだ愛国主義教育が、純粋な子供の心をねじ曲げてしまったことを如実に示すエピソードを、中国人ユーザーが軍事関連ネット掲示板・米尓社区に投稿した。以下はその内容。

日本人男性と結婚した従姉が、夫と彼の親戚の男の子を連れて中国に里帰りした。男の子は俊夫という名の小学校1年生。見知らぬ国で言葉の通じない人々に囲まれて、とても緊張している様子だったが、一生懸命カタコトの中国語で私たちに挨拶し、深々とお辞儀をした。その姿がとても愛らしく、私たちはいっぺんで俊夫のことが大好きになった。

だが、その従姉の一番上の姉の子、小学3年生の鵬鵬(ポンポン)だけは違った。最初から敵意むき出しの顔で俊夫をにらみつけ、こぶしを振り上げると「打倒小日本!」と叫んだのだ。鵬鵬の父親が彼を叱ると、「だって、日本人は中国人の敵じゃないか!学校の先生もそう言ってたもん。パパたちは中国を愛してないんだ!」と言って泣き出した。そこで、「先生が言っているのは歴史だ。今は日本と仲良くしなきゃ。それに俊夫は私たちの大切なお客さんなんだから」と言い聞かせると、「じゃあ、パパやママはなぜ毎日、日本が中国の土地を奪ったから日本製品をボイコットするなんて言ってるんだよ?学校で見せられた教育アニメでも、日本帝国主義を打倒しろって言ってたよ!」と反論した。

幸いなことに、中国語の分からない俊夫に鵬鵬と父親の会話の中身を知られることはなかった。俊夫は本当にいい子で、自分でできることは自分で全部する。礼儀正しく、大人を敬い、食事の際は全員が箸をとり、従姉が日本語で「いただきます」と言ってから、自分の箸をとる。それに比べて、鵬鵬はどうだ。部屋は汚い。自分では何もしない。食事は当然のように自分が好きな料理を一人占めし、彼を溺愛する大人たちもわざわざ好物を取り分けてやる。

私たちは「鵬鵬が俊夫みたいだったらいいのに」と心から思ったものだ。そんな鵬鵬もだんだん俊夫に打ち解け、2人で遊ぶことも多くなった。お互いに日本語や中国を教え合っている姿を見て、「やっぱり、子供は子供同士だ」と安心した。

最後の晩、従姉とその夫は買い物に出かけていて、私たちはみんなでテレビを見ていた。そこへ鵬鵬が得意げな顔で俊夫を連れてきて「俊夫がみんなに言いたいことがあるって」と言った。俊夫は顔を赤くしながら恥ずかしそうにほほ笑んで、たどたどしい中国語でこう言った。

「僕は死んで当然の日本人です。僕は中国人に謝ります」

俊夫のこの言葉にその場の大人たちは全員凍りついた。鵬鵬の父親はすぐさま彼をトイレに引きずって行き、中から「パン!」と引っぱたく大きな音が聞こえた。真相はこうだ。鵬鵬は俊夫に「みんなが喜ぶ言葉がある」とだまして、あの言葉を覚えさせたのだ。

こんな小さな子供がここまで日本を憎むとは、あまりにもおかしい。鵬鵬の愛国観はすでにゆがんでしまっている。善良で純粋で友好的な日本の子供を前にして、中国の子供がどれほど恐ろしい敵意と憎しみを日本に抱いているかを私たちは思い知らされた。中国の愛国教育はもっと客観的で冷静であるべきではないのか。
---------------------------------------------------------------------------------------------

これは日本のメディアではなく、Record Chinaが報じた記事である。
反日教育はそれを始めた中国人自らが驚くほどに、中国の児童の思想を捻じ曲げてしまっているという事が容易に想像出来る内容だ。「日本には何を言っても構わない」「日本には何をしても構わない」そういう非人間的な者を作り出している。

恐ろしい事にこの記事の『鵬鵬』達が30年後、50年後の中国を動かして行くのである。
長い年月の間にたとえ、中国という国の政治がどれだけ変わったとしても、
恐らく『鵬鵬』は中国に住み続けるのだろう。

日本は22世紀になったとしても。中国と言う国を信用してはならない。常に警戒をしなくてはならない。
反日教育を受けた隣人に簡単に気を許す事を決してしてはいけない。

産まれた時から他国の人間を徹底的に恨む事を教え続けられた人間はどういう人生を歩むのだろうか?
恐ろしい限りである。
c0070225_2075567.jpg

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村←その通り!って同感してくれた方、押してもらえるといいな~(*^^*)

ヒトラーの墓参り

2014.01.03 01:32|ニュース
あけましておめでとうございます。

年末に安倍首相の靖国参拝の報道を見て、とりあえずは一安心して新しい年を迎える事ができた、ひとはですが・・・
中韓の報道は新年になっても、まだまだ大騒ぎですねぇ~まあそれは、どうでもいい事だけど。
興味深いコメントがちょっと話題になってますね。
--------------------------------------------------------------------------------
日本のタレントの「ヒトラーの墓参り」発言、中国ネットユーザーは「正常な人の思考」「よく言った!」
中国紙・環球時報(電子版)は30日、日本メディアの報道を引用し、日本のタレント・春香クリスティーンが26日のテレビ番組で、安倍晋三首相の靖国参拝に絡み、「ドイツの首相がヒトラーの墓参りをした場合、他の国はどう思うか」と発言し、批判を浴びていると報じた。

情報番組のコメンテーターとして、安倍首相の靖国参拝について司会者から見解を求められ、「海外でよく比較される論点」として、「ドイツの首相がヒトラーの墓参りをした場合、他の国はどう思うか」との話題を紹介し、「非常に難しい問題」との見方を示した。ところが、これが春香本人の見解として独り歩きしてしまい、日本のネット上ではユーザーらが批判を展開している。
---------------------------------------------------------------------------------

ひとはは、日本のA級戦犯とヒトラーは比較される対象ではないと思うし、
ヒトラーが本当にユダヤ人の虐殺を指示して実行させたという事にも疑問を抱く一人ではある。
それにヒトラーの遺骨は一時埋葬された後、散骨されて墓が存在しない事も知ってるが・・・

もし『ドイツの首相がヒトラーの墓参りをした場合』
日本人は誰も非難はしないだろうと思う。そうであってほしい。
僕個人としてはむしろ、その墓参りした首相を褒め称えたいと思う。

ドイツ政府はヒトラーだけが「悪」の存在と言う立場をとり続けているが、
それは正確ではない。ヒトラーは民主的に選ばれたドイツの指導者である。
当時のドイツ国民はヒトラーとナチスを自ら選んだ責任がある。
ヒトラーは自殺する事になるが、彼はドイツと言う国のために殉職した一人にならないのだろうか?
日本人の感覚で言えばヒトラーは国事に殉じた「戦没者」の一人ではないだろうか?
国のために殉じた先人に哀悼の気持ちを表せない国民は不幸だと私は思う。

私がもしヒトラーの墓を前にしたら、迷う事無く彼の冥福を祈るため、手を合わせたいと思う。
他の日本人もそうあって欲しいと思います。

いわんや、我々日本人の戦没者達が祭られる靖国神社に日本の首相や天皇陛下が、我々と同じ気持ちで、
哀悼の気持ちを表して欲しいと思うのはごく自然な感情ではないでしょうか?

しかも首相官邸や皇居から、わずか数キロしか離れていない靖国神社に首相が行く事になぜ
隣国の感情を傷つける事になるんでしょうか?
隣国達は「A級戦犯が合祀される・・・」とまでは言及して非難しますが、
A級戦犯を言われる人が何人いて、一人一人の罪状を書く事は決してありません。
恐らく書けないだろうと僕は思うのですが、どうでしょうか?

Eternal-Hero-Adolf-Hitler-Does-this-look-like-a-Jew-to-yous.jpg

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村←その通り!って同感してくれた方、押してもらえるといいな~(*^^*)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。