04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ひとは

Author:ひとは
ひとはのブログに来て下さってありがとうございます。どうぞよろしく。o(^o^)o

誹謗中傷、荒らし目的の書き込みと判断した場合は、ひとはの一存でコメント削除いたします。

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村
↑良い記事と思って頂いた方は押してもらうと、嬉しいです。(*^^*)

thanks for

最新コメント

カテゴリ

ブロとも一覧


Mayu@女子的ブログ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

侍ジャパン【遅!】

2013.03.24 00:38|スポーツ
ニュースブログとしては異例の遅さのコメントですが~~~
「侍ジャパン、ご苦労様でした」
今回はメジャー組のスター選手が誰一人居ない中、皆が頑張っている姿が感動できました!

大会前には日本の参加、不参加で揺れたWBCでしたが、
能力が突出した選手が居ない、全員が国内リーグの選手にも関わらず
全員が自分の役割を忠実に果たす「スモール・ベースボール」の強さを、
日本の「野球」の強さを、アピールできた大会だったと私は思いましたよ。

台湾戦での9回2死からの井端の同点タイムリーは
前回大会のイチローの延長勝ち越しタイムリーや、
ダルビッシュの最後の一球より感激した一瞬でした。

日本人は欧米のアングロサクソンやゲルマン、ノルマン、黒人系の人種、
、もっと言えば、同じ黄色人種と比べても、体格の面で不利だと思います。
しかし、それを補って余りある機転とアイデア、協調性でスポーツの世界でも
世界と渡り合える実力を持てる人々であると確信しました。

バレーボールなんていい例じゃないでしょうか?
身長もなく、パワーもない日本人が世界の強豪に勝つために、
それまで存在しなかった、多彩な変則攻撃を次々と生み出して、
白人たちを脅かす存在になりましたね。
欧米は日本のためにバレーボールのルール変更をしたようなものですから。

でもスポーツの世界に限らず世の中全ての事は、永遠に勝ち続ける事は絶対できません。
過去二回、そのスモール・ベースボールで世界を制覇した侍ジャパンも
いずれ負ける事は最初から決まっている事でした。

 敗れる相手がプエルトリコで私は良かったと思っています。
以前にマウンドに太極旗を埋めたり、今回も球場場外で竹島&東海アピールをしっかりしてた
例の国が早々と姿を消してくれて、穏やかな気持ちで侍ジャパンを応援する事ができました。

img_65e50038b96bc0b6e1b548bd48a3e17b227477.jpg

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村←その通り!って同感してくれた方、押してもらえるといいな~(*^^*)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。