04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ひとは

Author:ひとは
ひとはのブログに来て下さってありがとうございます。どうぞよろしく。o(^o^)o

誹謗中傷、荒らし目的の書き込みと判断した場合は、ひとはの一存でコメント削除いたします。

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村
↑良い記事と思って頂いた方は押してもらうと、嬉しいです。(*^^*)

thanks for

最新コメント

カテゴリ

ブロとも一覧


Mayu@女子的ブログ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慰安婦問題の理解はなぜ難しいのか?

2014.04.09 01:49|ニュース
慰安婦問題について、考えさせられるニュースがまた一つ。

-------------------------------------------------------------------------
「慰安婦に謝罪する必要ないという考えは恥ずかしい」 ミス世界一・吉松育美さんの発言に批判殺到
J-CASTニュース 4月8日(火)18時37分配信

 ミス・インターナショナル12年グランプリの吉松育美さん(26)が、いわゆる「従軍慰安婦」について、国内で「謝罪の必要はない」という意見が出ていることに対し、米国のラジオ番組で「恥ずかしい、憤っている」と発言したとして、日本のネットユーザーらが反発の声を上げている。
-------------------------------------------------------------------------

という報道があった、その数日後には・・・・

-------------------------------------------------------------------------
「勉強不足、言葉足らずで大変な混乱と誤解を招きました」
 騒ぎを受けて、吉松さんは14年4月4日、「お詫び」と題したブログを更新した。

 さらに4月7日にもFacebookで、
  「今回の発言には勉強不足、かつ英語でのインタビューで言葉足らずな部分もあり、皆さんに大変な混乱と誤解を招きましたことお詫び申し上げます。私は、女性がいきいきと生きていける社会になってほしいと願っています。ただ慰安婦という女性の生き方、またそのような状況に身を置かなければならなかった女性がいたことに対して、悲しく感じているのです」
-------------------------------------------------------------------------

この女性、さすがミスコングランプリになるだけあって、自身の勉強不足と認めた上での
謝罪ができる人だったという事がこの人の名誉を守ったと私は思うのだが・・・

しかし、この慰安婦問題、どうしてこんなに理解に難しく、
多くの人が誤解をするような内容になってしまっているのか?

まず、大前提として『「慰安婦」になってしまった人の多くは不幸な女性であった。』というのは間違いないと思う。社会福祉が充実されて、売春が違法になった現在でも、心ならずも性産業に就く不幸な女性が居るのだから。

しかしながら、個人個人のさまざまな状況で不幸になった全ての女性に対して、
国が謝罪や補償をする義務があるのだろうか?国家は国民の幸福を追求する仕事があるとも言えるが、
不幸になった国民を全て救済することなど未来永劫不可能ではないかと私は思います。
いつの時代にも、現在にも、救われない不幸な人々は居て、それはこれからも変わらないでしょう。
しかし、国は国民を幸福にする努力は必要ですが、謝罪や補償は必要ないのです。

売春が合法であった時代には、軍が積極的に売春業者と契約する事もありました。
これも日本政府は認めています。これは当時の状況で間違った事でしょうか?
合法な方法で、違法な強姦などの犯罪を予防、抑止するする事は必要な対策だったでしょう。
当時の日本軍は多くの一般女性を保護するために、当時の合法的な手段で対策を立てました。

最後に残る、軍人や憲兵が一般女性を誘拐、拉致するという、今の日本政府が言う『狭義の強制性』
に該当する事項は長い間、検証されていますが、いまだその証拠はありません。おそらく今後も出ないでしょう。

「慰安婦」になってしまった人は可愛そうで、不幸な人々でしょうが、その原因は個人的なさまざまな事情です。弱者をいたわる事は悪い事ではないですが、その原因を全て国に押し付けるのは間違っています。

ましてやそれを、自国ではなく他国に押し付ける行為は恥ずべき行為という事を理解して欲しいものです。
f0107398_1349471.jpg


ニュース批評バナー
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村←その通り!って同感してくれた方、押してもらえるといいな~(*^^*)
スポンサーサイト

コメント

父からの話

こんにちは 私の父は 満州に出兵していました
 慰安婦なんて抱いて喜んでいたのは ある程度上の奴等
サックなんかも配給が有ったけど すり寄ってくるキーセン
が 異様な感じで 嫌だったそうです 一度覗いた事が有る
らしいのですが すれっからしのあばずれだったそうです
 あんなの相手するのだったら マスかいていたほうがマシ!
一般の兵隊 疲れてそれどころじゃないって言っていました

当時は 名の通った軍人さんを相手してコネを造ったつもりが
後を引いているのでは無いのでしょうか 

名前知ってる 顔知ってるって言って 弱みを握ったつもりで
いるのが 現状でしょう 命令出す側の有名人はモテたらしいです
 金周りも良かったらしいけど みんなが通っていた訳じゃ無いと
言って居ました 名誉も有るだろうからこんな話しなかったけど
 実態は そんな所なのでしょう 

>ブッキーナさん

いつも、ありがとうございます。(#^.^#)
慰安婦が居た事や、日本軍がそれを利用した事は誰も否定していないですよね。
それは紛れも無い事実ですから。そういった時代でした。
日本が否定しているのは『狭義の強制性』この一点だけです。

少し前の話しですが、私がここで書いた橋下市長の「慰安婦は必要だった」発言。
あれが間違っていないと、私が強弁したのは今の戦争を見ても明らかです。

「慰安婦」が存在した朝鮮戦争では女性の人権侵害に問題があったという議論はありません。しかし、慰安婦が存在しなかったベトナム戦争では「ライダイハン」や「アメラジアン」という問題が今でも取り上げられます。イラク戦争でも米軍の捕虜虐待問題、同じ米軍内での女性兵士への性的虐待問題が出ています。
日本は売春以外の性産業が盛んではありますが、それでも米軍兵士の強姦事件は後をたちませんし、同じく米軍が駐留するフィリピンでは今でも昔の慰安婦と同様の行為がまかり通っていると聞きます。

古代、中世の兵士は戦争の後での略奪、強姦は当たり前の事でした。それが目的で兵士になる人間も多かった。人間の「男」は死をも覚悟の危機に直面すると自らの子孫の維持のために性欲が高まるのも、生物学的にも説明可能でしょう。

兵士に対する性的欲求の解消方法というものは橋下氏が言うように必要なのです。それを犯罪にならないように、管理する事は軍の義務だと思います。当時の日本軍は必要な処置を取っただけ。当時の日本国内では朝鮮半島出身者に貧しく不幸な女性が多かった。必然、慰安婦の構成は朝鮮半島と日本国内の女性ばかりとなった・・・


お父様の話し参考になりました。生理学的欲求より目の前の自分の仕事と「恥」と自らの「名誉」の考えが優先する当時の日本軍の一般兵士は、どの時代の、どの国の兵士より立派だっただろうと想像しました。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。