FC2ブログ
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ひとは

Author:ひとは
ひとはのブログに来て下さってありがとうございます。どうぞよろしく。o(^o^)o

誹謗中傷、荒らし目的の書き込みと判断した場合は、ひとはの一存でコメント削除いたします。

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村
↑良い記事と思って頂いた方は押してもらうと、嬉しいです。(*^^*)

thanks for

最新コメント

カテゴリ

ブロとも一覧


Mayu@女子的ブログ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼻血出たら死ぬんですか?【美味しんぼ議論】

2014.05.25 03:12|ニュース
いまだ、こういう風説が被災地の復興を阻害していると思うと悲しくなるのですが・・・

--------------------------------------------------------------
美味しんぼ「鼻血、医学的根拠ある」 専門家ら反論会見
朝日新聞デジタル 5月24日(土)0時14分配信
 人気漫画「美味しんぼ」で東京電力福島第一原発事故後の鼻血の頻発などが描かれたことをめぐり、専門家や健康被害を訴える当事者が23日、国会内で記者会見を開いた。政府や福島県が「風評被害を助長する」などとして事故と鼻血の関連を否定していることに対し、「因果関係は否定できない」と反論した。

 住民の自主的な甲状腺検査に協力してきた北海道がんセンターの西尾正道名誉院長は「高線量被曝(ひばく)による急性障害に論理をすり替え、鼻血(との因果関係)を否定する『専門家』がいる」と批判。「放射性物質が付着した微粒子が鼻腔(びくう)内に入って低線量でも鼻血が出る現象はあり、医学的根拠がある」と指摘した。

 記者会見に電話で参加した福島県内の母親は「漫画全体を読み、福島への愛情を感じた。子どもに鼻血が出ても、話を聞く前から因果関係を否定するような人たちに私たちは本当のことは言わない。国の責任で鼻血を含めた健康調査をしてほしい」と訴えた。

 崎山比早子・元国会事故調査委員会委員(がん生物学)は「汚染地域は広範にあり、健康障害への懸念は鼻血どころでない。正確な情報を」と説いた。主催の市民団体代表は「鼻血の表現ばかりに焦点を当てて攻撃し、健康障害を訴える声を抑えつけている」と非難した。
--------------------------------------------------------------

放射線と鼻血の因果関係は震災直後からブログなどで広まっていたが、
3年経ってもこういう都市伝説は収まる事を知らないのは何故なんでしょうか?
過去に鼻血で死んだ人は存在せず、また鼻血は鼻腔粘膜が弱れば誰でも起こる現象。
放射線への恐怖がこういう風説を広める結果となっているようであるが、
本当に放射線と鼻血に因果関係があるなら、全国的に自然放射線の被爆が強い
広島県と愛媛県に住む人は年中鼻血を出している事になってしまうが、
実際の統計では比較的放射線被爆の少ない福岡県の子供が福島より8倍も
鼻血を出しているという結果には笑うしかないと思うのですが?

もともと鼻血などの出血傾向と言われる現象は悪性新生物の放射線治療などで
骨髄抑制が起こる事で起き易い事例ですが、もしそれが福島の放射線被爆と関連があるなら、
血液検査の統計的データとして示す事が可能です。
「医学的根拠」の「ある」「なし」で論争するより以前に、被験者の血小板検査(PLT)を
計る事で容易に判ることなのです。

そういう統計学的データを全く示すことなく、不安を煽るような表現がいまだに蔓延る現状は
私には『放射線被害をどうしても作り出したい人々が居る』
そういう気がしてなりません。

「原発を止めたいため?」それとも「日本の震災からの復興を阻害したいため?」
そういう自らの主義主張のために、私から見れば簡単に数値データとして示せる事を
わざと、風説をばら撒くことで多数の人々に不安を与える事を目的としているとしか思えない事があります。

病院関係の専門家でこういう風評に耳を貸す人は少ないと思いますが、一般市民には専門家の言葉より
SNSの情報の方が信頼出来るように思うのでしょうか?

この世の中には例え根拠のない事でもそれを広める事で利益を得る人が居る事を忘れてはならないと思います。
↓鼻血だけを根拠に健康被害を訴える元村長ですが・・・
3ed8197e-s.jpg

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村←その通り!って同感してくれた方、押してもらえるといいな~(*^^*)
スポンサーサイト

コメント

出ましたね・・・

いやいや 鼻血じゃなくて この記事・・・
 設備屋元町長にしてみれば 記録するほど出たのでしょうね
証明用に民友新聞が出てる 民友は読売系列 同じ論調
民報は毎日系列 印刷もその系列でしてる だから共通の
記事が出ます 震災時南相馬に届いた新聞は 赤旗でした
 みんな情報に飢え貪るように読んだ 一番読みたい新聞が来ない
知りたい情報が来ない こんな怖い事ないよ 取り残される恐怖
言論封じのようなテレビ・・買い出しに出るとコンビニで6紙位立ち読み
系列を知って居ると観なくてもいい新聞が判る 当てに出来ない地元紙
と成って居た  私 新聞輪転印刷機の会社に居たのよ 裏事情は
知ってる  朝日なんか臨時の残業なんかしない 新しく情報入っても
 知らせるって姿勢が無い所 そんな系列的な思想体系知って居ます

情報を知らせてやっているんだぞって態度がありありと出てる
 この記事に有る様に 今更ながら漁夫の利を狙って 暗躍合戦が
有るのに あきれています 最終的には個人の判断なのだろうけど
もう少し 第三者目線って出来ない物でしょうか なさけないです

幾つに成ってもお勉強の精神を持たないと 自分の背負ってる家族も
守ることが出来ない 政治ゲームじゃないんだからって思います
守るべき家族を亡くして思想ゲームして何に成るんでしょう
 大分 ぼかして書きましたけど 幾らかは理解してほしいです

ひとはさんの記事に 賛成です

>ブッキーナさん

震災直後の報道は混乱もあり、各社報道機関の性質もあり、
ブッキーナさん含め、多くの方が、さまざまな苦労や
不安を抱えられたと想像します。
震災直後の報道のあり方、伝え方については議論の残る事と私も思います。

しかしながら、今回の放射線被害記事は震災3年以上経ってでた記事です。
時間が経てば多くの人が冷静に検証を重ねて事実を踏まえた論議が出来る
ものと思っていましたが、まったくそうでは無いように思いました。
相変わらず、放射線の脅威は論拠より、不安だけが先走ってしまっています。

少しの放射線であっても全てが有害と思う人々が居て、
『自然放射線』という言葉は今でも封殺されています。
何もしなくても我々は年間1.4mSvの自然放射線をこれまでも、
これからも永遠に晒され続けて生きてきたと言うのに・・・

多くの人が放射線について多くの知識は無いのは判りますが、
今までの検証上では、むやみに怖れる物ではないという事を
周知してゆくのが報道機関のありかただと私は思いました。

医療の世界は常に新しい治療法、新しい薬が開発され続けて、
1年歩みを止めるだけでも、浦島太郎になってしまいます。
私自身、勉強を続ける事を心していますし、80歳を超える先輩医療従事者が
熱心に最新の医療情報を得ようとしている姿に尊敬を憶えますし、
私もそうありたいといつも思っています。

だから私が思う事実であろう事を少しでも周りに伝えたいとも感じています。

ついでに言うと・・・

教科書的な論評はさておき、元村長の写真をみて思う事。

抗凝固剤とか抗血小板剤を服用する人が副作用として
起こす鼻出血はこんなもんじゃない。

何十分も鼻出血が続きティッシュ一箱使うくらいの人も居る。
冷静に写真とか撮ってる暇もないくらいの物です。

元村長の鼻出血は普通の鼻血と判断するしかないです。

おまけ

連コメ お許しください
 現地調査により地図が作成され 状況が判って
来た昨今ですが 放射能被曝実態は 申告出来ない
連中も居る事も事実です つまり ドロちゃん !

犬 猫保護をメインとして巡回しましたが ドロちゃんも
観ています 地図とカウンターで確認している地域には
窃盗被害も結構有りました 自業自得なのでしょうが
扱いは 同じ被災者 ドロ行為の証明が出来ない・・・
 そんな奴に限って 声高に被曝を訴えています 

3日後に出た無人機測定結果もスピーディデータも無視し
政府として意地を張っちゃった 人災に近い実態を隠すような
 政策に大いに失望しました 避難によるストレスは強いですよ
日頃 体を使って来て 急に動くな 外に出るなは堪える・・

スペースラボのような 運動プログラムが無い(知識も)と
目に見えて 肥満しておかしくなります これなども
放射能のせいにされている 管理放棄された薬剤なども有って
当たり前なのだが 念頭に無い ズサンさ 恐れ入りましたと
言うしかない現状を なさけない と観て居るしかないのです
 巡回中 何度も薬品臭を経験していました(危険物取扱い免有り)

賠償金の為 左に賛同している人も多いです 責任は取ってもらうと
頑張って居る人も居ます 本当の放射線被害がどこまでなのか
 理解するのは 難しい状況に成って来ています

>ブッキーナさん

言われるように、被爆による被害なのか、その他の原因による
健康被害なのかは判断が難しい部分があるでしょうね。
 被災直後には心筋梗塞などの健康被害が多数報告されましたが、
ほとんどが避難生活や心労のストレスによるもの、
もしくは過酷な事故収拾作業によるものでしょう。
放射線被爆と関係は薄いかも知れませんが、これも原因は
原発事故による健康被害です。これは認めなければならない事。
 また3年近くたって起こる甲状腺機能疾患。これはI131による
可能性が高い。過去の被爆の疾患で証明されているものです。
これらの健康被害の補償は必要不可欠だと私も思います。
 また書かれている危険物放置による被害もその主原因は
原発事故と言っていいと思います。原因が明確な事ばかりです。
 盗人に関しては言わずもがなですが・・・

 しかしエビデンスがない物まで全てを放射線被害にするのは
無理があり、将来的に危険な事でもあります。
 過去の代表的な例が「ハンセン病」被害です。
治療可能で伝染性の低い感染症であるにも関わらす、
伝染病や遺伝的な疾患と勘違いされて、長い間、隔離され、
患者の存在を家族ですら隠すような差別的な扱いがされました。

原因が明らかでない疾患を可能性だけで判断してしまうのは
将来に禍根を残す一例だと思います。

ホールボディ計測結果

またまた 連コメ御免なさい
 6/3にWBCを受けて来ました(ホールボディカウンター)
セシウム 134と137を主に検出する検査です
半減期2年の134Csが限界値180以下の0~140Bq
半減期30年の137Csが限界値220以下の0~180Bq
でした あれから3年経ちましたが 体内蓄積はこの程度です
2年の134は飲食で蓄積したもの 30年の137では呼吸
とか粘膜侵入蓄積です 
かなり ヤバイ活動もしてきましたが この程度です
 この様なデータも考慮せず 体験検証もせず
ただ何となく こうだろうっていうのは おとぎ話に近い
 放射線の自然減衰は2年で6割 3年で5割と言われています
3年経過しても出続けている現状で どの位食糧を食べたのでしょう
恐らく 2t位でしょうか それで検出限界値以下なのです

この現実を風評と言わずして 何と言うのか?
 まったく嘆かわしい次第です WBCの医師もコメント出来ないと
笑っていました  ただ医師の話では 井戸川さんは爆発時に
双葉町役場で指揮をしていたそうです だけど関係無いだろって
言っていましたね 

>ブッキーナさん

とりあえず、検査結果良好でなによりでした。
体外からの被曝はカウンターでわかりますが、体内被曝は未知数でしょうから。
ただし放射性粒子が濃厚な場所は簡単に立ち入れないはずだと思いましたので
、よほどの作業などがない限り大丈夫だろうとは思っていましたが。

被曝被害を訴える方々の大半は自分の主観的症状です。
しかし診断は別で、主観的症状、客観的症状、検査結果を併せて考慮して
医師は病名をつけるのです。
 根拠も無く被曝被害を訴える人は、例えば、
『夏に紫外線にたくさん晒されたので、自分は癌に違いない』
と思い込んで疑わないような人と同じくらい滑稽なものに見えます。

書かれているように半減期の長い放射性元素でも体内の物質は常に
吸収と排泄を繰り返すので、入った物は必ず排泄されます。
放射性元素も同様で、体に貯留する事はなく排泄されますので、
137Csの物理的な半減期は30年でも、体の中の生物学的半減期は
70日くらいです。

これは私の個人的な意見ですが、人間はある程度、放射性元素に
対しての耐性があるはずだと思っています。
何十億年も前の生物が発生した時にはオゾン層などなく、
地球上には宇宙線が降り放題の環境だったはずです。
そんな中で生まれ進化して来た生物が放射線の耐性がないなどと
はどうしても思えないのです。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。